よくある質問

よくある質問

  • 境界線がわからない時は
  • 土地を分割したい時は
  • 利用状況を変更した時は
  • 新築・増築をした時は
  • その他
境界線がわからない時は
境界をはっきりさせたいけどどうすればいいですか?open

お隣の土地所有者と立会いを行い境界確認することになります。そのためには様々な資料を調査し、測量を行ったうえで立会いする必要があります。立会いが終わり、境界認識がお互いに一致すれば境界標識を設置し、境界標識がなくなっても復元ができるような書類を交わすことが良いと思われます。さらには法務局に土地地積更正登記などを申請し図面を提出しておけば図面が永久に残るので安心です。

境界認識が相違した場合どうすればいいのですか?open

境界認識のズレが何からきているのか把握する必要があります。単に感情的なものなのか、図面の読み間違えなのかなどです。その上でもう一度土地家屋調査士にお隣へ説明に行ってもらうことも有効です。また法務局で境界を特定する筆界特定制度の利用や、土地家屋調査士と弁護士の協働によって解決を図る京都境界問題解決支援センターの利用、境界確定訴訟の利用など事例と状況に応じて様々な解決方法があります。

お隣さんから境界立会いを求められたのですが・・・open

ご自分の土地とお隣の土地の境界を明確にするとともに、今後のトラブル防止のためにも立会いに応じられたら良いと思います。確認した境界には境界標識を設置し、当事者間で境界に関する書類を交わしておくと安心です。

工事によって境界標識がなくなったopen

早急に復元することが大切です。ただしお隣に無断で境界標識を設置することはトラブルの原因になります。必ず境界立会いを行って境界標識を設置しなおしてください。境界付近で工事を行う前には工事人に境界標識に十分に気をつけるようお願いしておくことも大切です。

立会い依頼をしたが相手が応じてくれないopen

土地家屋調査士のような第三者が入ることによって応じてくれるかもしれません。それでも立会いに応じてくれないのであれば法務局が境界の特定を行う筆界特定制度を利用してみてはいかがでしょうか。例え相手が一切協力してくれなくても法務局により境界を特定してもらえます。

お隣が建物を取壊したのだが境界をはっきりさせたいopen

境界が曖昧な場合は境界の立会いの申出をおこなったほうがいいと思います。この機会に境界をはっきりさせておくことによってお互いにトラブルの防止になります。

ページ上部へ
土地を分割したい時は
土地を分割するためにはどんな作業の流れになるのでしょうか?open

まず測量を行って全体の把握をします。そしてお隣との境界確定や、道路や水路などの官有地との境界確定を行って土地の周囲の境界を全て確認します。その上でどのように土地を分けるか図面を作成し、法務局に申請します。

土地の分け方が具体的に細かく決まっていないのですが依頼できますか?open

大丈夫です。測量を行った図面をもとに私達土地家屋調査士がいろいろなラインを引いてお客様のご要望する分け方を提案します。

昔測量した図面があるのですが、それを使って簡単に分筆できないのですか?open

基準点といわれる公共のデータを持った場所からの測量が法律により義務付けられています。そのため昔の測量のデータはお隣との境界がどこだったかについては参考になりますが、法務局に届け出る図面には使えませんので、もう一度測量を行う必要があります。

共有者の1人が土地の分割に協力してくれませんopen

土地を分割する届出は、法律により共有者全員で行わなければなりません。そのため説得するか、裁判により判決をもらうかして分割を行える状態にしなければなりません。

現在相続をするに当たり調停を行っているのですが、測量しなくていいのですか?open

相続する土地を相続人の間で分ける方向で調停が進んでいるのであれば、その調停が終わるまでにきちんと測量を行って、その結果に基づいて分割案の調停をしてもらうようにしてください。調停終了後に測量し、実測面積と登記簿面積がかなり違っていた場合にはまたもめることがよくあります。

ページ上部へ
利用状況を変更した時は
なぜ利用状況の変更の届出を行う必要があるのですか?open

現況を登記記録に正しく反映することによって、所有者の権利を保護することになるからです。また登記記録は固定資産税の算定の基礎になっていますので、届出を怠ると正しい課税がされなくなる恐れがあります。

農地から宅地へ変わったときというのはいつでしょうか?open

まず農地を変更する場合には必ず農地転用の許可又は届出を受けなければなりません。その証明がないと農地への原状回復を求められる場合がありますのでお気をつけください。そして農地から宅地へ変更されたときというのは、農地に土を入れられ整地し、ガス、水道などのライフラインが埋設され、建物の基礎ができたときと考えられています。詳しくは土地家屋調査士の調査によって確かめてください。

今までアクセサリー店を行っていましたが、別の方に事務所として貸し出しました。
内装は行っていませんがそれでも利用方法の変更の届出をしないといけませんか?open

アクセサリー店は「店舗」ですが、事務所は「事務所」です。利用方法が変わったと考えられますので届出が必要です。

ページ上部へ
新築・増築をしたときは
建物を新築したときにはどのような手続きの流れになりますか?open

土地家屋調査士による役所での調査から始まり、現地調査・測量を行って法務局に届出を行います。ここで重要なのはその建物が誰の所有かということです。間違って届出をしないよう土地家屋調査士による十分な調査がされます。

子供の家に親がお金を出して増築しました。建物は誰のものですか?open

もともとの建物と増築部分がどのようになっているのか調べる必要があります。その状態によっては親のものにもなるし、子供のものにもなるし、共有になるかもしれません。まずは土地家屋調査士の調査によってご確認ください。

お風呂場の風呂釜やキッチンなどの水回りを変えました。
家の形状は全く変わっていません。これも届出しないといけないのでしょうか?open

建物の面積が増えていないリフォームは法務局に届出を行う必要がありません。

ページ上部へ
その他
これから購入する土地の境界は大丈夫でしょうか?open

不動産屋さんの説明だけを信用するのではなく、現地に確認に行く必要があります。現地に境界標識があれば一番良いのですが、ない場合は境界標を入れてもらうように不動産屋さんにお願いしてみることも一つです。またお隣と境界について交わした境界に関する書類があるともっとも安心です。

公図が現地とあっていないようですが・・・open

公図はもともと明治時代に作られたものが多く現地と合致していない場合もあります。その場合、銀行などの融資において不利になることもありえますので十分検討する必要があります。土地家屋調査士は公図を訂正することもできますのでご相談ください。

境界標についてどんなものがありますか?open

代表的なものはコンクリート杭、金属プレート、金属鋲、プラスチック杭などがありますが、刻みといってカッターで小さな溝をつけたものや、ペンキの場合もあります。また山林などでは特殊な木や大きな石などが境界標として認識されている場合もあります。

境界標が正しいか調べるにはどうすればよいのでしょうか?open

法務局の資料をもとに測量によって確認することができます。図面などの資料がない場合には再度隣接者と立会いを行って確認する必要があります。

お隣さんから越境していると言われましたopen

境界を誤認して言っているだけかもしれませんので、まず境界をはっきりさせることが大切です。まず法務局などで資料を調査したうえで境界立会いを行い、その上で越境しているか確認するようにしましょう。

無断で建てられたブロックが越境しているのですが・・・open

境界について誤認していることはないでしょうか。まず法務局などで資料を調査したうえで本来の境界について調べることが必要です。あなたの境界に対する認識が正しいかもしれませんし、お隣の境界に対する認識が正しいかもしれません。冷静な判断が無用なトラブルを避けさせます。

越境や時効取得についてopen

時効取得は思っているほど簡単なものではありません。非常に難しい判断が必要です。これは弁護士によって判断していただかなくてはなりません。土地家屋調査士は調査、測量を行うことで越境している範囲を確認します。こういった場合のトラブルは土地家屋調査士と弁護士が協働して解決を行う京都境界問題解決支援センターの利用をお勧めします。

報酬はどれくらいかかるのでしょうか?open

報酬は自由化によって各事務所によって異なります。事務所で話を聞き、見積りを取っていただくことがいいと思います。なおホームページに業務報酬統計資料がありますのでご参考にしてください。

ページ上部へ
不動産の法律と技術のスペシャリストが相談に乗ります。
不動産無料相談会
お住まいの地域の土地家屋調査士を探して相談。
調査士会員情報検索
境界に関する・お悩み・疑問などがありましたら、お気軽にご相談ください。 京都土地家屋調査士会 TEL:075-221-5520 受付・月~金/9:00~17:00