調査士の業務

調査士の業務

調査士の業務

土地家屋調査士の仕事は、土地または建物の大きさや形、利用状況など不動産の現況を正確に法務局に登記することです。この登記を行うことによって初めて所有権などの権利が正しく保護されます。

【調査士の業務 1】土地や建物の調査や測量を行います

土地家屋調査士は、土地や建物の現状を正確に法務局の登記情報に反映させるために必要な調査及び測量を行います。具体的には法務局や他の役所にある資料の調査、現場調査、お隣との境界立会い、現地測量を行います。

【調査士の業務 2】不動産の現況について登記申請の代理をすること

不動産の現況が変わったり、変えようとしたりする場合には、所有権などの権利を保護するために所有者から法務局に届出ねばなりません。しかしながらその手続きは専門的かつ複雑でなかなか一般の方では時間がかかってしまいます。
そこで私達土地家屋調査士が皆様に代わって調査・測量を行い、迅速に法務局に届出て、皆様の権利の保護がいち早くされるようお手伝いをします。

【調査士の業務 3】不動産の現況の登記申請に関する不服申立ての代理をすること

法務局に提出した不動産の現況についての登記申請が万が一なされなかった場合、法務局長に対して不服申立てを行う代理人になります。

【調査士の業務 4】筆界特定手続きを代理すること

土地の境界について不明の場合、法務局がその境界について特定してくれる制度がありますが、その制度の手続きの代理を行います。
私達土地家屋調査士は境界の専門家であるため、様々な角度から現地を分析することで、より高度な専門的見地から法務局に対して意見を述べるなどします。

【調査士の業務 5】境界紛争の解決に特化した民間紛争解決機関への手続きの代理をすること

紛争解決のプロフェッショナルである弁護士と、境界のプロフェッショナルである土地家屋調査士がタッグを組み、民間紛争解決機関である京都境界問題解決支援センターで複雑に絡んだ境界問題の解決に導くためのお手伝いを行います。

こんな時は・・・土地家屋調査士会へご相談ください
「境界線がわからない」土地の面積や境界標についてわからないことがある時に。
「土地を分割したい」相続・売買・贈与などのために土地を分けたい時に。
「利用状況を変更した」畑を宅地へと土地の用途(地目)を変更した時に。
「新築・増築をした」新築や増築した後に必要な登記申請の時に。
不動産の法律と技術のスペシャリストが相談に乗ります。
不動産無料相談会
お住まいの地域の土地家屋調査士を探して相談。
調査士会員情報検索
境界に関する・お悩み・疑問などがありましたら、お気軽にご相談ください。 京都土地家屋調査士会 TEL:075-221-5520 受付・月~金/9:00~17:00