調査士の業務

調査士の業務

新築・増築をした時は

  • 境界線がわからない時は
  • 土地を分割したい時は
  • 利用状況を変更した時は
  • 新築・増築をした時は
現地を調査・測量し法務局に必要な手続きを行います。

現地を調査・測量し法務局に必要な手続きを行います。
建物を新築したり増築したりしたときには法務局に届出をする必要があります。この届出によってあなたの不動産の権利が保護されるほか、銀行などの融資を受けることができます。

【よくある質問】同じような疑問の答えが見つかります
建物を新築したとき

新しい建物を建築したときは1ヶ月以内にどんな建物を建てたか法務局に届け出るよう法律で決まっています。これは権利証を作るために必要な建物情報の届け出ですから正しく行わなければなりません。
土地家屋調査士は建物を調査・測量し、法務局に必要な手続きを行います。

建物を増築したとき

建物を増築したときは1ヶ月以内にどんな建物を増築したか法務局に届け出るよう法律で決まっています。法務局にある登記情報が正しく変更されることによって建物所有者の権利がきちんと保護されます。
土地家屋調査士は建物を調査・測量し、法務局に必要な手続きを行います。

不動産の法律と技術のスペシャリストが相談に乗ります。
不動産無料相談会
お住まいの地域の土地家屋調査士を探して相談。
調査士会員情報検索
境界に関する・お悩み・疑問などがありましたら、お気軽にご相談ください。 京都土地家屋調査士会 TEL:075-221-5520 受付・月~金/9:00~17:00