調査士の業務

調査士の業務

利用状況を変更した時は

  • 境界線がわからない時は
  • 土地を分割したい時は
  • 利用状況を変更した時は
  • 新築・増築をした時は
現地を確認し、法務局に必要な手続きを行います。

不動産の利用方法が変わった場合、法務局へ登記記録の変更の届出をしなければなりません。変更の届出をしないと銀行からの融資ができないなど不利益を被ることがあります。
土地家屋調査士は現地を確認し、法務局に手続きを行います。

【よくある質問】同じような疑問の答えが見つかります
畑に土を入れて建物を建てたとき

畑に土を入れて、地盤改良を行った上、建物を建てたときには土地の利用方法が「畑」から「宅地」に変わっています。
土地家屋調査士は現地を調査確認し、法務局に変更の手続きを行います。

建物を壊して駐車場にしたとき

建物を壊して更地にし、駐車場にした場合、土地の利用法方が「宅地」から「雑種地」にかわっています。
土地家屋調査士は現地を調査確認し、法務局に変更の手続きを行います。
なお建物がなくなると、法務局にある建物の登記記録を抹消をする手続きを行う必要があり、土地家屋調査士がその手続きを行います。

お店をやめて自宅にしたとき

今まで飲食店を行っていた建物を自宅にリフォームしたときには、建物の利用方法が「店舗」から「居宅」に変わっています。
土地家屋調査士は現地を調査確認し、法務局に変更の手続きを行います。

不動産の法律と技術のスペシャリストが相談に乗ります。
不動産無料相談会
お住まいの地域の土地家屋調査士を探して相談。
調査士会員情報検索
境界に関する・お悩み・疑問などがありましたら、お気軽にご相談ください。 京都土地家屋調査士会 TEL:075-221-5520 受付・月~金/9:00~17:00